HTTPサーバのインストールと設定

1. HTTPサーバのインストールと設定

1-1・httpdパッケージ(apache webサーバ)をインストールする

# yum -y install httpd

1-2・httpサーバの設定

以下の項目を修正する。#はコメントアウト行

/etc/httpd/conf/httpd.conf 設定例

# ユーザーからのページ要求に対し、最小限の情報を提供する。(セキュリティ的に)
ServerTokens Prod
# 管理者のメールアドレス
ServerAdmin root@mail.testdomain.com
# HTTPサーバのFQDN
ServerName host.testdomain.com
# /var/www/html ディレクトリ以下の設定
<Directory "/var/www/html">
  Options FollowSymLinks
  AllowOverride None
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>
# URLがディレクトリのみの場合に表示する拡張子の優先順
DirectoryIndex index.html index.htm
# パラメータは Off, On, Email
ServerSignature Email
# デフォルトの文字コード Offにすると相手のブラウザで自動判別
AddDefaultCharset UTF-8

2. HTTPサーバの起動

2-1・HTTPサーバの起動・終了・再起動・状態確認

以下のコマンド一覧より、HTTPサーバを起動する

# /etc/rc.d/init.d/httpd start (起動)
# /etc/rc.d/init.d/httpd stop (終了)
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart (再起動)
# /etc/rc.d/init.d/httpd status (状態確認)

2-2・HTTPサーバの動作確認
httpサービス(TCP80番ポート)が起動しているかを確認する

# netstat -an | grep :80
tcp        0      0 :::80                       :::*                        LISTEN

3. Webページの作成と閲覧

3-1・Webページを作成する

# vim /var/www/html/index.html  (indexファイルを作成し、中身を適当に書込保存する)

/var/www/html/index.html の中身

WebTest

3-2・Webページを閲覧する
ブラウザよりURL(http://サーバのドメイン/ もしくは http://サーバのIPアドレス/)を打ち込む、WebTestと表示される

以上、HTTPサーバのインストールと設定です。
※httpd.conf の細かな設定はこちらを参照すると良いかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です