APACHE ベーシック認証

1. APACHE ベーシック認証の設定

1-1・/var/www/html/admin ディレクトリ以下のWebページにアクセスした際、ユーザー名とパスワードによるAPACHE ベーシック認証を行う。

/etc/httpd/conf/httpd.conf に以下の項目を追加する。

# /var/www/html/admin ディレクトリへの設定を行う
<Directory "/var/www/html/admin">
  # 認証の種類 Basic or Digest
  AuthType Basic
  
  # 認証時に表示する文字
  AuthName "Please Enter username and password!"
  
  # 認証ファイル username, password の記述されたファイル
  AuthUserFile /etc/httpd/conf/htpasswd
  
  # valid-user で、認証ファイルのユーザーのみを許可する
  Require valid-user
</Directory>

2. ユーザー名とパスワードの登録

2-1・htpasswd コマンドで、ユーザー名とパスワードを登録する。

[設定例]
・ユーザー名:admin
・パスワード:admin
・認証ファイル:/etc/httpd/conf/htpasswd

htpasswd 実行例 ※初回のみ-cオプションをつけhtpasswdファイルを新規作成する。
htpasswdファイルが作成されている場合には上書きされてしまうので注意が必要。

# htpasswd -c /etc/httpd/conf/htpasswd admin
New password:                   (上記パスを入力)
Re-type new password:
Adding password for user admin

2-2・作成されたファイル htpasswd を確認する

cat /etc/httpd/conf/htpasswd で中身を見る

admin:tH.KLb6.b.yZ6

3. HTTPサーバの再起動

2-1・設定を反映させる為、以下のコマンドでHTTPサーバを再起動する

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

4. apache ベーシック認証の動作確認

4-1・Webページの作成をする

# mkdir /var/www/html/admin   (ディレクトリを作成する)
# touch /var/www/html/admin/index.html  (index.htmlを作成する)
# vim  /var/www/html/admin/index.html  (表示したい内容を記述し保存する)

4-2・Webページにアクセスし、ベーシック認証の確認を行う

「http://ドメイン/admin」 または 「http://サーバのIPアドレス/admin」
へアクセスする

apache_ninsho_edited

ベーシック認証のプロンプトが表示され、ユーザー名とパスワードを入力し、
正しければWebページが表示され、誤っていればエラーページが表示されることを確認する。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です